インナーマッスル トレーニング インナーマッスル 野球 インナーマッスル チューブ インナーマッスル 鍛え方

2009年05月02日

インナーマッスル トレーニング

インナーマッスル トレーニング


インナーマッスルトレーニングすることによる効果は、

アウターマッスルの力を支える筋肉が発達するため、関節が安定し怪我をの予防につながります。


トレーニングにはポイントがあります。

まず、ゆっくりとした動作で行うこと。

そして、あまり負荷をかけないことです。

5キロや10キロなどの負荷をかけず1キロか2キロ程度の重さで十分です。

また、左右バランスよく鍛えることが大切なので

右側だけしかトレーニングをしなかったり、
どちらか片方の回数を極端に増やすのよくないです。

10〜20回を1セットとして3セットくらいが目安です。


トレーニングの頻度は、毎日または1日おきくらいで

あまり期間をおかずにトレーニングを再開しましょう。


posted by さだ0154 at 00:40| インナーマッスル トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。