インナーマッスル トレーニング インナーマッスル 野球 インナーマッスル チューブ インナーマッスル 鍛え方

2009年04月18日

インナーマッスル 野球

インナーマッスル 野球


野球ではとくに、肩を使う動作が多いためインナーマッスルトレーニングが大切になります。

インナーマッスルは、内側にある筋肉で、三角筋などのアウターマッスルを支える関節の怪我を予防しますので野球選手にとっては重要なトレーニングです。

野球少年だけでなく、プロ野球の選手などもが肩や肘に痛みを感じることがありますが、球をもっと早く投げたい、もっと強くバットを振りたい、という重いからアウターマッスルのトレーニングを重視してしまいがちです。

野球肩という言葉もあるとおり、野球、特にピッチャーは方を酷使するため、小さいころから野球を楽しむためにもインナーマッスルトレーニングの重要性を理解させてあげることが大切です。


posted by さだ0154 at 02:06| インナーマッスル 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。