インナーマッスル トレーニング インナーマッスル 野球 インナーマッスル チューブ インナーマッスル 鍛え方

2009年04月14日

インナーマッスル 鍛え方

インナーマッスル 鍛え方

現在では、インナーマッスル鍛える効果的な方法が確立されてはいませんが、筋肉の柔軟性を高めるため、ストレッチなどで筋肉をほぐす方法が良いといわれているようです。

インナーマッスル鍛える方法には、チューブトレーニングがよく用いられます。

エクササイズは、グリップの持ち方によって何種類かあります。

注意点としては、

1.アウターマッスルが動かないように意識しながらエクササイズする。
2.姿勢を崩さず、関節の動きを意識し正しいフォームで行う。
3.20〜30回を目安に1日3セット
(回数は個人差によりますが、あまり回数を増やし過ぎても効果は望めないようです)


→ 肩のインナーマッスルの鍛え方へ
posted by さだ0154 at 10:21| インナーマッスル 鍛え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。