インナーマッスル トレーニング インナーマッスル 野球 インナーマッスル チューブ インナーマッスル 鍛え方

2009年05月02日

インナーマッスル トレーニング

インナーマッスル トレーニング


インナーマッスルトレーニングすることによる効果は、

アウターマッスルの力を支える筋肉が発達するため、関節が安定し怪我をの予防につながります。


トレーニングにはポイントがあります。

まず、ゆっくりとした動作で行うこと。

そして、あまり負荷をかけないことです。

5キロや10キロなどの負荷をかけず1キロか2キロ程度の重さで十分です。

また、左右バランスよく鍛えることが大切なので

右側だけしかトレーニングをしなかったり、
どちらか片方の回数を極端に増やすのよくないです。

10〜20回を1セットとして3セットくらいが目安です。


トレーニングの頻度は、毎日または1日おきくらいで

あまり期間をおかずにトレーニングを再開しましょう。


posted by さだ0154 at 00:40| インナーマッスル トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

インナーマッスル 野球

インナーマッスル 野球


野球ではとくに、肩を使う動作が多いためインナーマッスルトレーニングが大切になります。

インナーマッスルは、内側にある筋肉で、三角筋などのアウターマッスルを支える関節の怪我を予防しますので野球選手にとっては重要なトレーニングです。

野球少年だけでなく、プロ野球の選手などもが肩や肘に痛みを感じることがありますが、球をもっと早く投げたい、もっと強くバットを振りたい、という重いからアウターマッスルのトレーニングを重視してしまいがちです。

野球肩という言葉もあるとおり、野球、特にピッチャーは方を酷使するため、小さいころから野球を楽しむためにもインナーマッスルトレーニングの重要性を理解させてあげることが大切です。


posted by さだ0154 at 02:06| インナーマッスル 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

インナーマッスル チューブ

インナーマッスル チューブ


それでは、インナーマッスル鍛えるためのチューブトレーニングをご紹介します。
ポイントは、ゆっくりとした動作でチューブを引いてください。

個人差もありますが、10回を1セットとして2〜3セット行うようにしましょう。

以下で紹介する方法は右腕のトレーニング方法なので左腕で行う場合は逆に行ってください。


■棘上筋

1.右手でチューブを持ったまま、右足でチューブを踏みます。
  (気をつけをした状態で、手の甲を前に向けます)

2.1の状態から外側に向けてゆっくりとチューブを引っ張り、
  45度程度までひっぱたら、またゆっくりともとにもどします。


■肩甲下筋

1.まっすぐに背筋を伸ばして立ちます。

2.左側の壁の肘の高さにチューブを縛り、右手で持ちます。

3.手の甲を上にして右腕の肘を90度に曲げます。」

4.肘を曲げずに外側にゆっくり引っ張り90度くらいまでチューブを引いたら、
  ゆっくりもとに位置に戻します。


■棘下筋、小円

肩甲下筋と同じです。


posted by さだ0154 at 03:55| インナーマッスル チューブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。